PROFILE

1991年、オムニバス・アルバム『DANCE 2 NOISE001』に「nicht-titel」を提供。同年、西麻布YELLOWで行われた〈DANCE 2 NOISE〉のイベントにおいて数曲を披露する。このライヴでは、藤井がグラインダーで火花を飛ばし、観客の度肝を抜いた。それから3年後、1994年に本格始動。ヴォーカルにRAYMOND WATTS(PIG)を迎え、9月21日にアルバム『SWITCHBLADE』をリリース。
〈インダストリアル〉という言葉がまだポピュラーではなかった時代、そのサウンドは異質で、当時のロックシーンに大きな衝撃を与えた。

この作品の主な参加メンバーは以下の通り。※50音順
上田剛士(当時MAD CAPSULE MARKET’S、現AA=)
Keith Leblanc(TACHEAD)
Juliannne Eagan(All About Eve)
Johnny Stephens(Meat Beat Manifesto)
John Flyer(Minimal Compact)
Steve White(KMFDM)
Danny Hyde(Coil)
Peter Christoperson(Throbbing Gristle)
MOTOKATSU(当時MAD CAPSULE MARKET’S)

同年、東京と大阪で5本ライヴを行う。会場は以下の通り。
〈ONE HOUR OVERDRIVE UNIT〉
9月25日 日清パワーステーション、10月1日 大阪W’O’HOL
〈ONE HOUR OVERDRIVE〉
9月26、27日 渋谷公会堂、10月3日 大阪厚生年金会館

続く同年10月21日にリミックス・アルバム『SWITCH』を、12月16日に渋谷公会堂でのライヴの模様を収めた『SWITCHBLADE –VISUAL MIX-』をリリース。

1999年にはzilchのリミックス・アルバム『BasterdEYES』に〈SUPERSCHAFTRAX〉を提供するが、以降はその活動を完全に停止する。

そして2016年、じつに20年以上の時を経て、本格的に始動する。